起業するために必要な3つの手順と注意点

仕事ノオト

起業するためのアイデアを生み出す方法

会社勤めをしている人の中には、将来独立して自分のお店や会社を持ちたいという目標を持っている人が少なくないです。ただしただ会社勤めが嫌で、自分で好きな様に仕事をしたいといった安易な理由で起業しても上手く行かない可能性が高いと言えます。

きちんとビジネスプランを構築し勝算を見出した上で、起業する必要があるのです。そこで1番無難な起業するためのアイデアと言えるのが、自分の専門分野を活かして起業するという方法だったりします。具体的にはコンサルタント会社に勤務していた人が、自分でコンサルタント会社を立ち上げるというパターンです。

元々自分が得意としていた分野であれば、専門知識や技術を持っているのでそれを活かして他の会社やお店では出せない独自色を出せる可能性があります。

起業するためのアイデアとしては、他にも自分が好きな事を仕事にするという方法もあるものです。食べ歩きや料理好きの会社員が脱サラして、飲食店を起業するのが良くあるパターンと言えます。

ただしただ好きなだけでなく、好きな事に対する勉強等を行い、勝算を見出す事が大事です。他には過去の成功事例を調べそこからヒントを得るのも、起業するためにアイデアを生み出す方法として有効的だったりします。特に海外で成功した事例を、日本で活かすといったやり方がこの方法に当てはまるのです。

起業に必要な資金集めの方法

自分が行うべきビジネスを見付け出しても、残念ながら必要な資金を用意しなければ起業する事は出来ません。理想としては働きながらコツコツとお金を貯めて、全て自己資金でまなかう事です。ですが現実問題、起業するために必要な資金はかなり膨大であるケースが多く、自力で用意するのは難易度が高かったりします。

なので現実的には開業資金を全て自己資金でまかなうのは、かなり厳しいという人が多いです。だからこそ開業資金の半分か、或いは3分の1程度を目安にお金を貯めるというのが現実的だったりします。

不足している残りの資金は、何らかの方法で集める事になるのです。資金集めの方法としては、補助金や助成金を利用するというのがあります。

国や地方自治体では起業する人を増やす目的で、補助金や助成金を用意していたりするのです。まずは補助金や助成金について調べてみて、受けられる可能性があるなら申請してみる事をおすすめします。

他にもベンチャーキャピタルや個人投資家から融資を受けるというのも、資金集めの有効的な手段です。ただし株式の上場を目指す様なある程度規模が大きく、しっかりとしたビジネスプランを用意しないと融資を受けるのは難しかったりします。こういった資金調達に関してはベンチャーに強い司法書士に相談すると良いでしょう。

さらに最近ではクラウドファンディングサービスを利用して、ビジネスプランに共感や興味を持ってくれる人から資金提供して貰うという方法も増えて来ているのです。

起業するための手続き

起業するためのアイデアをきちんと練り、資金を調達出来たら、いよいよ起業するための手続きを行います。会社設立の手続きを行う訳ですが、会社設立するには大きく分けて2つの方法が存在しているのです。

それは司法書士等の専門家に依頼するか、自力で手続きを行うかだったりします。司法書士といった専門家は専門知識があるので、ややこしい会社設立時の手続きも効率良く行ってくれるのです。そのためスムーズに会社設立を行い、起業する事が期待出来ます。

ただし自分の会社を設立するなら、自力で行いたいと希望する人もいるものです。そんな人が会社を設立するために踏むべき基本的な手順ですが、事業目的や会社名、所在地等を決めるために定款を作成して提出する必要があります。もっとも定款には会社の印鑑を押す必要があるので、まずはそのための印鑑を用意しなければなりません。

更に資本金を幾らにするか決めた上で、資本金の払い込みを行います。その際に出資者がいる場合には、その人の住所や印鑑証明を用意する必要があるのです。

そうして定款や必要書類を揃えた上で、株式会社の場合は公証役場に行って定款の認証を受けます。その後は法務局に行って、定款等の必要書類を提出して認可されれば会社設立となるのです。

設立した後も忘れずに、年金事務所で健康保険や厚生年金保険加入の手続きを行う必要があります。加えて従業員を雇う場合には、労働基準監督署で労働保険加入の手続きも必要等、手続きはかなり煩雑でややこしいです。

起業する際に注意すべき事とは

以上の様な流れに従えば、自分のお店や会社を設立する等して起業する事が可能です。ただし注意が必要なのは起業する事はあくまでスタートに過ぎず、決してゴールではないという事だったりします。

逆に起業がゴールだと考えていると、起業したお店や会社があっという間に倒産する羽目になる危険性が高いです。そして起業する際に特に重要なのは、如何にして勝算のあるビジネスアイデアを生み出して、それをきちんと実行出来るかにあります。実際に開業資金を用意する際に、自己資金だけでまかなえる人はそう多くないです。

そうなると何らかの形で開業資金集めを行う必要がありますが、その際に成功する可能性が乏しいビジネスプランでは、出資先も見付け出す事が出来ません。

資金調達をスムーズに行うという点においても、起業を目指すビジネスプランやアイデアはかなり重要な要素を占めていると言えるのです。明確な起業プランと開業資金を用意したら、いよいよ実際に起業を実行する事になります。

会社設立の方法としては大きく分けて、司法書士等の専門家に任せるか自力で設立するかという2種類が存在するのです。もっとも法的知識を持たない人が自力で手続きするのはかなり煩雑なので、専門家に任せて行うという方法が無難だと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました