諦めるのはまだ早い!40代だからこそ効果的なバストケアで美胸をキープ!

生活ノオト

女性の象徴とも言えるバストですが、40代ともなればそのバストに変化が表れるのも仕方がありません。大きさはどうであれ、垂れてしまったバストを見て悲しくなってしまう人もいるのでは?

しかしそこで諦めてしまっては、バストもそのまま垂れる一方です。実はある程度脂肪が増える40代の方がバストケアには有利なので、きちんとバストケアを行うことで魅力的なバストを手に入れることができるんですよ!

見て見ぬフリをするのはもうやめて、昔のようにハリのあるバストを取り戻すために、本気のバストケアを始めてみて下さい。

年代別バストの変化

年齢と共にバストにハリがなくなってきたり垂れてきたりするのは仕方がありません。しかし実はバストの老化は20代から始まっているのです。

20代前半はバストに十分なハリがあり垂れることなどまずありませんが、20代後半から30代にかけてデコルテ部分のボリュームが急になくなり、出産を経験した場合はどうしてもバストが下垂してしまいます。さらに40代になるとバストの下部がたるみ、乳頭が下向きになり、50代になるとバストが外に向き始めて全体的に垂れてきます。

あなたのバストは垂れている?セルフチェックの仕方

他の人の胸と比べる機会も少ないので、自分のバストが垂れているのかどうか明確にはわからないモノですが、基準としてはバストトップが肩と肘の真ん中よりも下の位置にある場合とされています。また以下のような項目に当てはまることがあれば、垂れ胸の予備軍かもしれないので気を付けましょう。

☆ブラジャーのストラップが落ちやすい

☆バスタオルを身体に巻いてもすぐに落ちてしまう

☆ブラジャーの跡が10分以上残っている

☆バストトップが顔の幅よりも外側にある

☆ブラジャーから脇肉がはみだしている

☆触るとふにゃっとしてハリがない

バストが老化する原因って?

バストが老けてしまう原因としては、加齢の他にも自分に合っていないサイズのブラジャーをつけているという習慣的なことも考えられます。

さらに現代人の生活習慣において深刻な問題となっているのが、パソコンやスマホを使用する際に前かがみの姿勢になることです。いわゆる「猫背」と言われる体勢ですが、長時間デスクワークをする場合は大抵の人が猫背の姿勢になっていますし、座ってスマホをいじっている人をみてもそうですよね。また家事や育児と言った女性の仕事は前かがみで行うことが多く、女性は筋力も弱いことからついつい猫背にいなってしまいます。

猫背になると胸の筋肉(大胸筋)が押しつぶされて、通常ならば身体の動きに合わせて伸び縮みする大胸筋がどんどん縮こまって、肩こりや首こりと言った症状が表れると共にバストも垂れてしまうと言えます。

40代に効果的なバストケア①:大胸筋を鍛える

大胸筋はバストを支えてくれる筋肉ですが、年齢と共に衰えてしまいます。しかし意識的に鍛えることで筋力もアップして、美しいバストをキープすることができますよ。

☆大胸筋を鍛えるストレッチ

まずは背筋を伸ばして胸の前で両手を合わせ、胸に力を入れたまま両手にも力を入れながら顔の前まで腕を上げます。そのまま5秒間キープしてから、おへそ辺りまでゆっくりと下げて5秒間キープします。肩を落とした状態で、深呼吸のようにゆっくりと息をしながら行いましょう。

この上下運動を3~5回繰り返し、週に2,3回は行うようにしてください。

40代に効果的なバストケア②:ブラジャーのサイズを見直そう!

ブラジャーのサイズはお店に出向いて店員さんに測ってもらうのが一番正確ですが、それが面倒だったり恥ずかしかったりするせいで、自分のバストに合っていないブラジャーをしている人は意外に多いようですね。

大きめのブラジャーをしている場合は、ブラジャーの中でバストが動いてしまい、走ったりすることでバストを支えている「クーパー靭帯」が伸びたり切れたりしてしまいます。これによってバストが垂れたり、脂肪が流れ出てしまう原因になりますが、グラビアモデルさん達は、美しいバストをキープするためにジョギングする時はさらしを巻いたりして、バストが上下に揺れることで靭帯が損傷するのを予防しているそうですよ。

また小さめのブラジャーをしている場合は、当然バストを始め身体を締め付けているので、バストに十分な栄養や酸素が行き渡らなくなります。

バストサイズはずっと一定とは限りません、太ったり痩せたり、妊娠、出産を経験することでカップもアンダーサイズにも変化があるので、今まで使っていたブラジャーに違和感を覚えたら、面倒ではありますが下着専門店で正しいサイズを計測してもらい、自分に合ったブラジャーをつけることがバストケアにもつながりますよ。さらにできれば育乳ブラなどバストアップに効果のあるブラジャーをしてみるのも効果的です。おすすめ育乳ブラはたくさんありますので自分にあったものをチョイスしましょう。

40代に効果的なバストケア③:正しい姿勢を心がける

普段自分がどんな姿勢で過ごしているかなんてあまり気にしたこともなければ確認する人も少ないですが、街中で色んな人を見てみると意外に猫背の人が多いことに気が付くはずです。特に女性の場合は筋力が弱いせいで猫背になりやすいので、一度ショーウィンドウなどで確認してみて下さい。

姿勢が改善されれば肩こりや腰痛などの改善にも役立ちますし、なによりもスタイルが良く見えるというメリットもあります。正しい姿勢を保つためには、歩く時も立っている時も胸を張るようにしたリ、座っている時は腰と腹筋に力を入れて背筋をまっすぐに保ったりする努力が必要です。毎日の生活習慣によって猫背になっているので、最初は正直キツいでしょうが、慣れてくれば正しい姿勢を保つための筋力がついて、意識しなくても普段から正しい姿勢がキープできるようになりますよ。

また暇な時には肩甲骨を背骨に寄せるように動かしてみると、美しい姿勢になり、肩こりや首こりも解消できるでしょう。

40代に効果的なバストケア④:バストマッサージ

バストは乳腺1:脂肪9の割合で構成されているので、乳腺を発達させることで乳腺を保護している脂肪も増え、バストアップやハリを与えてくれます。さらに乳腺の血行を良くすることで、乳腺を育てる女性ホルモンが行き渡りやすくなるので、女性らしいふくよかなバストに導いてくれるという効果も期待できます。

☆バストマッサージのやり方

両手の親指を除いた4本指を使って、鎖骨の中央からバストの間を通って、みぞおちまでを交互にさすりながらおろしていきます。

右手のひらで右のバストを下から支えながら持ち上げて、左手のひらをバストの上に添えます。右手のひらでバスト全体を下から上に持ち上げるように10回さすり、左のバストも同じ手順で行いましょう。

次に左手を右のバストの上において脇側にさすり、右手は右バストを下から支えながら中央側にさすります。両手で円を描くように10回さすり、左側も同じ手順で得行いましょう。

☆マッサージに最適なタイミングは?

バストケアの効果をより高めるには、入浴中やお風呂上りにマッサージを行うのがオススメですよ。身体が温まると血行が良くなり、代謝も活発になるので、湯船にゆっくりと浸かって身体の芯まで温まった状態でマッサージしましょう。

さらにバストアップクリームなどを使ってマッサージをすれば、バストケアに有効な成分の浸透を促進してくれるので、より効果が実感できますね。

バストケアのおかげで得るメリットは多い!

いつまでも美しいバストをキープすることができれば、何だか自分に自信が持てるようになりますよね。

美容や健康効果に加えてメンタル面での効果も期待できるバストケアを、是非毎日の習慣にしてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました