令和時代の新たな自動車保険の選び方

生活ノオト

いわゆる自賠責保険の場合はもちろん車の車検時に入らないと法律的に罰せられますが、任意保険=自動車保険と呼ばれるものは加入義務はありません。

ですが、世の中のニュースを見ていても毎日のように交通事故やひき逃げなどが起こっています。いくら自分が気を付けていても向こうから事故がやってくることもあります。

例えば自分は交通ルールをしっかり守って制限速度内で走っていたとしても、そこにいきなり子供が飛び出して来たらどうしますか?自転車やバイクがいきなり突っ込んできたらどうしますか?

もし100%相手に過失があったとしても相手が人や自転車、バイクなどが相手の場合は10対0で相手が悪いことにはなりません。相手が飛び出してきてその結果大きなけがをしたり、命を落としたりしても、あなたにも過失が認められる場合も多々あります。

実際交通ルールをしっかりと守っていたつもりでもどこかで小さな違反をしていたりするとそこを突かれる可能性もあり、いくらこちらが気を付けていたとしても過失が認められれば、相手に対する補償が必要になる場合もあります。

そのためにも自動車保険には必ず入っておくようにしましょう。

これからはダイレクト型自動車保険

自動車保険には大きく分けてダイレクト型自動車保険と代理店型自動車保険があります。代理店型自動車保険というのは、その名の通り保険会社と契約している代理店がユーザーに向けて販売している保険です。従来はこのパターンで自動車保険に入る人が一般的でした。

従来は自動車販売会社などが保険会社の代理店になっていて、車を購入したお客様向けに自動車保険も加入してもらうパターンも多かったです。

ところが今はテレビやネットのCMでも耳にタコができるくらい自動車保険のCMが流れています。有名なところだと、アクサダイレクトやソニー損保、チューリッヒ、セゾン、イーデザイン損保などなど非常にたくさんの保険会社がありますが、これらはダイレクト型自動車保険と呼ばれています。

そしてこれからはこういったダイレクト型の自動車保険が主流になっていくでしょう。

ダイレクト型はコスパ重視で選ぶ

さて、こういったたくさんの自動車保険会社ですが、ではどこを選べばいいでしょうか。保険って選ぶのが本当に難しいのですが、特にダイレクト型だとさらに選ぶのが困難になってきます。

というのも保険という商品は内容的には実はどこもそれほど大きな違いがない場合が多いからです。これが生命保険だったらまた話は別ですが、自動車保険の場合は特に大きな違いがありません。

従来型のような代理店型であれば、担当の人との付き合いがあったり、自動車購入店舗で取り扱っている保険の中から選べばよかったので、それほど難しくもなかったのですが、今のようないざ好きなところから自由に選んでいいよと言われると逆に難しいものです。

簡単な方法としては自分が必要な補償内容と自分の状況、つまり年齢や等級、家族、年間倉庫距離などでいくつかオンラインで見積もりをして一番コスパの良いところから選ぶという方法です。

大きな違いがない分、やはり少しでも保険料は安いに越したことはありません。毎月の支払いが少しでも安いところから選ぶのが賢明です。

口コミや評判細かくチェックする

次の選択基準としては口コミや評判です。自動車保険の口コミ評判一覧を参考にネットの口コミや評判を細かくチェックしてみると良いでしょう。

もちろんテレビやネットでCMを流しているところはほとんどが大手の保険会社なので、極端に評判や口コミが悪いところがあるとは考えられません。

ですが、保険のプランやオプションなどが多少偏っていることもあるので、自分と同じような年代や状況の人の口コミを参考にすると良いでしょう。

特別な理由がなければダイレクト型で十分

世の中にはいろんな保険の種類がありますが、特に自動車保険の場合はダイレクト型で十分です。生命保険や人生のライフプランなどのアドバイスを必要とするものであれば、代理店型のほうがいい場合もありますが、自動車保険に関してはあくまでもトラブルがあった場合の保険であり、事故の際の対応さえきっちりとしているところであれば、あとは月々の支払いが安いに越したことはありません。

もうひとつはロードサービスです。事故でなくても何かトラブルがあった場合に対応してくれるロードサービスなどがあるところは安心です。特に長距離を走ることが多い人や冬場のレジャーなどで雪道を走ることが多い人はロードサービスはいざという時に非常に助かります。

タイトルとURLをコピーしました