YouTubeで稼ぐためのヒント!再生回数を増やしたりグッズ販売をしたりなどまとめ

仕事ノオト

YouTubeをアップし、広告収入により生計を立てているユーチューバーが増えています。実際に、YouTubeで多くの収入を得るには、どうしたらいいのでしょうか。その方法について見ていきましょう。

まずYouTubeのアルゴリズムについて知っておく必要があります。YouTubeがどのようなことを重要視しているかを知ることで、どのような動画を作って行ったらいいかということが分かります。
YouTubeのアルゴリズムは、どのようになっているのか見てみましょう。

さらに、YouTubeで稼いでいくには、どうすればいいでしょうか。まず、広告収入を得ることができる権利を得るというものもあります。どのような条件で、広告収入を得ることができるのでしょうか。

その他、YouTubeで稼ぐ方法について見ていきましょう。

YouTubeが最も重要視するもの

YouTubeの再生数を伸ばしていくには、まずYouTubeの特徴を知る必要があります。YouTubeが最も重要視するものは、ユーザーが少しでもYouTubeを長く視聴してもらうことです。

なぜなら視聴時間が延びれば、その分広告収入が入ってくるため売り上げが上がるからです。

ということで、YouTubeが最も大事にしているのは、ユーザーのYouTube視聴時間なのです。ですからユーザーの視聴時間が伸びさえすれば、動画一つ一つに気をかけるということはしません。

YouTubeがするのは、ユーザーに嗜好にあった動画を選ばせ、少しでも長く見てもらうことです。そのためには、いい評価のある動画をなるべく表示させようとして、そうでないものは表示させないようにするのです。

YouTubeで売り上げを上げようと思ったときには、YouTubeは、ユーザーの視聴時間を伸ばそうと考えているということを頭に入れておく必要があります。

つまり、アップロードする動画は、少しでも長い時間のものを上げるといいでしょう。なぜなら、そのほうがユーザーが視聴する時間が伸びるので、YouTubeからの評価が高くなるからです。

その他にYouTubeが重要視するもの

YouTubeのアルゴリズムとして、動画の総再生時間の長いものを高く評価するというものがあります。YouTubeを見ていると総再生数が大きなものが人気があると思いがちですが、YouTubeに評価されるのは、総再生時間になります。

例えば、10分の動画を1万人の人が見ていたとしたら、総再生時間は、10万分になります。一方で、30分の動画を5000人の人が見ていたとしたら、総再生時間は、15万分となるため、後者の動画の方がYouTubeは高く評価するのです。

その他にYouTubeが重要視するものとして、チャンネル登録者数を見ます。個々の動画よりも、チャンネル自体の価値を見るようにできているのです。

そして、「チャンネルの過去12か月間の総再生時間が4000時間」、「チャンネル登録者数が1000人」という条件を満たすと初めて、広告の収入を得ることができる権利が与えられるのです。

つまり総再生時間とチャンネル登録者数が大事になってくるのです。

そして総再生時間もチャンネルごとの時間になっているのです。つまりチャンネルの評価によって、YouTubeの評価が決まるのです。

チャンネル登録者数の多いチャンネル

チャンネル登録者数の多い動画は、いい動画を扱っていると判断されるので、よりよい評価を得ることができるのです。

その他に大事にすることとして、アップされてからすぐに再生されている動画は評価が高いです。これは、バズる動画を評価の高いものにするために、設定されているアルゴリズムです。

アップされてより多くの人が見ている動画は、注目動画として表示されるようになるのです。

またユーザーの滞在時間も長いものほど評価が高いです。動画の再生時間だけでなく、チャンネルに滞在して動画を選んでいる時間も滞在時間としてカウントされます。つまりチャンネルになるべく長くいるチャンネルほど評価が高くなるのです。

その他にYouTubeが注目しているのが、動画の高評価、低評価というエンゲージメントです。ユーザーが動画を見て、高評価した動画に関しては、高い評価を付け、より表示しやすくなってきます。

一方で、ユーザーが低評価を押した動画は、動画が表示されにくくなり、あまりにも低評価が多い場合には、チャンネル自体の評価が下がってきます。

最適な動画の時間は?

動画の時間はどうすればいいでしょうか?2分や3分が見やすいのでいいなど色々な意見があるかと思いますが、結論からいうと動画時間は長ければ長いほどいいということになります。

なぜならば、動画の時間が長くなると当然離脱率も上がってきますが、それでも総再生時間が稼げれば問題ないのです。

なのでできるだけ長い時間の動画をアップするようにしましょう。

例えば、離脱率0%の2分の動画と、離脱率50%の30分の動画(開始1分で50%が離脱したとする)を1000人が見たときの総再生時間を見てみましょう。

2分の動画の総再生時間は、
2分×1000 = 2000分

30分の動画の総再生時間は、
30分×500+1×500 = 15500分

となり、圧倒的に30分の動画の方が長いことが分かります。

一方で、ユーザーのことを考えた場合、ユーザーの集中力というのは、30分が最も上がり、それ以上になると下がってくるというデータがあるので、30分で作るというのも一つの指標になるかもしれません。

グッズ販売により収入源を増やす

YouTubeチャンネルを作り、再生数を増やせばそれだけで広告収入は増えてきます。しかし、その他にもグッズ展開などをしていくと収入はさらに増えていくことができるでしょう。

例えば、YouTubeチャンネルのロゴが入った、クリアケースや、マグカップ、缶バッジや、缶バッジキーホルダー、缶バッジストラップなど作成することができます。

缶バッジの例では、セカンドプレスのサイトによると缶バッジ(25mm)なら1個39円から、缶バッジキーホルダー(25mm)なら1個75円から製作が可能なようです。どちらも最低ロット10個からオーダー可能とのことなので、気軽に作ることができるのです。
参考:https://www.secondpress.us/badge/size.html

人気ユーチューバーになれば、それだけ、グッズで利益を得ることも可能となってくるのです。
動画の収入以外にも増やす方法について考えましょう。

YouTubeに評価される動画作り

YouTubeで稼ごうと思ったら、YouTubeに評価される動画作りをしていく必要があります。YouTubeが最も重要視するものは、ユーザーに少しでも長く視聴してもらうことなのです。なぜならば、視聴時間が伸びるほどに広告費が入ってくるため、売上が伸びるからです。つまり、動画を作る際には、総再生時間を気にしながら作る必要があるでしょう。

例えば、動画を作るときにも、少しでも長い時間の動画を作っていく必要があります。100人の人が2分の動画を見た時よりも、50人の人が30分の動画を見た時の方が、総再生時間は伸びるためです。

その他にも、YouTubeが評価するポイントというものがありました。それは、チャンネル登録者数です。チャンネル登録者数が多いチャンネル程、評価が高く、より表示されやすくなるのです。実際に、広告費を得ることができる権利というものも、「チャンネルの過去12か月間の総再生時間が4000時間」、「チャンネル登録者数が1000人」という条件があるのです。

他には、ユーザーの評価も気にしています。ユーザーが高評価を付けた動画は、より表示しやすくなりますし、逆にユーザーが低評価したものに関しては、表示しにくくなるのです。

YouTubeで利益を上げるには、再生数を伸ばす以外にもグッズ販売をしていくといいでしょう。その際に、クリアファイルや、缶バッジ、缶バッジキーホルダーなどを販売するといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました